「FOVE」、Valve OpenVRのサポートとLighthouseのポジショナルトラッキング技術の採用を発表 | GameBusiness.jp

「FOVE」、Valve OpenVRのサポートとLighthouseのポジショナルトラッキング技術の採用を発表

その他 その他

視線の動きでコントロールできるVRヘッドマウントディスプレイ「  FOVE  」を開発する株式会社FOVEが、ValveのOpenVR SDKとSteamVRプラットフォームへのサポートを発表した。さらに現在開催中のKickstarterにおいて70万ドルのストレッチゴール達成を条件に、2016年春出
  • 視線の動きでコントロールできるVRヘッドマウントディスプレイ「  FOVE  」を開発する株式会社FOVEが、ValveのOpenVR SDKとSteamVRプラットフォームへのサポートを発表した。さらに現在開催中のKickstarterにおいて70万ドルのストレッチゴール達成を条件に、2016年春出
視線の動きでコントロールできるVRヘッドマウントディスプレイ「FOVE」を開発する株式会社FOVEが、ValveのOpenVR SDKとSteamVRプラットフォームへのサポートを発表した。さらに現在開催中のKickstarterにおいて70万ドルのストレッチゴール達成を条件に、2016年春出荷予定のFOVE開発者キットへLighthouseのポジショナルトラッキングテクノロジーを統合することも併せて発表した。

「FOVE」はアイトラッキング技術を使用したVRヘッドマウントディスプレイ。目の動きによりポインターを動かして銃の照準を合わせたり、キャラクターとコミュニケーションすることができる画期的な機器で、クラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」にて開発プロジェクトを公開し、それからわずか3日で目標金額の25万ドル(約3000万円)を達成した。現時点では1,250人以上の支援者から43万ドル以上もの資金を調達しており、調達金額に応じて特典や仕様が変わる「ストレッチゴール」を公開している。70万ドル調達できた際にはLighthouseのサポートが決定し、ベースステーションやコントローラーはKickstarterのバンドルとは別売となるという。

プロジェクトページはこちら
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら