カラオケ「JOYSOUND MAX/響」に、セガゲームスの開発支援ツール「アクロアーツ」が搭載 | GameBusiness.jp

カラオケ「JOYSOUND MAX/響」に、セガゲームスの開発支援ツール「アクロアーツ」が搭載

その他 その他

セガゲームスは、同社が開発したUI(ユーザーインターフェース)・コンテンツ開発支援ツール「アクロアーツ」を、ブラザー工業とエクシングが開発したカラオケ機器「JOYSOUND MAX」ならびに「JOYSOUND 響」に提供することを発表しました。
  • セガゲームスは、同社が開発したUI(ユーザーインターフェース)・コンテンツ開発支援ツール「アクロアーツ」を、ブラザー工業とエクシングが開発したカラオケ機器「JOYSOUND MAX」ならびに「JOYSOUND 響」に提供することを発表しました。
  • セガゲームスは、同社が開発したUI(ユーザーインターフェース)・コンテンツ開発支援ツール「アクロアーツ」を、ブラザー工業とエクシングが開発したカラオケ機器「JOYSOUND MAX」ならびに「JOYSOUND 響」に提供することを発表しました。
セガゲームスは、同社が開発したUI(ユーザーインターフェース)・コンテンツ開発支援ツール「アクロアーツ」を、ブラザー工業とエクシングが開発したカラオケ機器「JOYSOUND MAX」ならびに「JOYSOUND 響」に提供することを発表しました。

「アクロアーツ」は、セガゲームスがエンターテインメントの分野で蓄積してきた3Dグラフィックス技術を用いた、オリジナルツールとランタイムエンジンからなる製品です。企画者やデザイナーが思い描いた通りに制作することを容易にし、また、あらゆる製品に効率的に搭載できるランタイムが特徴です。

そして、「JOYSOUND MAX」は業務用通信カラオケの最上位モデルです。約25.5万曲を収録しており、全サウンドが楽器で演奏したカラオケ専用生音源になっています。また、アーティストの本人出演映像や、スマートフォンとの連動、アニメ「妖怪ウォッチ」などの採点コンテンツも特徴。なお、「JOYSOUND 響」は、「JOYSOUND MAX」のナイト市場向けモデルとなっており、どちらも2015年7月発売予定です。

今回は、「JOYSOUND MAX」および「JOYSOUND 響」に、必要な多数の3Dキャラクター表示や演出を行いつつ、各種コンテンツの効率的な開発を両立したいというニーズに合った「アクロアーツ」が採用。当該機種で表示されるグラフィックの大半は、この「アクロアーツ」上で作られたコンテンツとなっています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら