ソフトバンク、スーパーセルの株式を追加取得・・・ガンホーは一部売却し連結から外れる | GameBusiness.jp

ソフトバンク、スーパーセルの株式を追加取得・・・ガンホーは一部売却し連結から外れる

その他 その他

ソフトバンクは、これまで50.5%の株式を保有していた、フィンランドのゲームデベロッパー、スーパーセルの株式を既存株主から取得し、出資比率が73.2%に引き上がったと2日、発表しました。残りの株式はスーパーセルの経営陣や従業員が引き続き保有します。

スーパーセルは『クラッシュ・オブ・クラン』『ヘイデイ』『ブームビーチ』で知られるデベロッパーで、2013年10月にソフトバンクと傘下にあったガンホー・オンライン・エンターテインメントが共同で過半数の株式を取得していました。ガンホーは2014年8月に持分をソフトバンクに売却しています。

また、ソフトバンクはガンホーが実施していた自己株式の公開買付けに応募し、議決権の保有比率は40.15%から28.41%に減少し、連結子会社から持分法適用会社となりました。また、ガンホーの筆頭株主はソフトバンクから孫泰蔵氏のハーティスに変わっています。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら