チームラボ、ダンボール製VRゴーグル「Cardboard」を使用し気軽にモデルルームを体感できるアプリ『ハコマンションVR』を開発 | GameBusiness.jp

チームラボ、ダンボール製VRゴーグル「Cardboard」を使用し気軽にモデルルームを体感できるアプリ『ハコマンションVR』を開発

その他 その他

チームラボ株式会  社が、  株式会社コスモスイニシア  の新築マンション「  イニシア船橋夏見  」のモデルルームを、スマートフォンとダンボール製VRゴーグル「GoogleCardboard」(ハコスコ社製)を用いてバーチャル空間上で体感できるアプリ『ハコマンションVR』を
  • チームラボ株式会  社が、  株式会社コスモスイニシア  の新築マンション「  イニシア船橋夏見  」のモデルルームを、スマートフォンとダンボール製VRゴーグル「GoogleCardboard」(ハコスコ社製)を用いてバーチャル空間上で体感できるアプリ『ハコマンションVR』を
  • チームラボ株式会  社が、  株式会社コスモスイニシア  の新築マンション「  イニシア船橋夏見  」のモデルルームを、スマートフォンとダンボール製VRゴーグル「GoogleCardboard」(ハコスコ社製)を用いてバーチャル空間上で体感できるアプリ『ハコマンションVR』を
  • チームラボ株式会  社が、  株式会社コスモスイニシア  の新築マンション「  イニシア船橋夏見  」のモデルルームを、スマートフォンとダンボール製VRゴーグル「GoogleCardboard」(ハコスコ社製)を用いてバーチャル空間上で体感できるアプリ『ハコマンションVR』を
チームラボ株式会社が、株式会社コスモスイニシアの新築マンション「イニシア船橋夏見」のモデルルームを、スマートフォンとダンボール製VRゴーグル「GoogleCardboard」(ハコスコ社製)を用いてバーチャル空間上で体感できるアプリ『ハコマンションVR』を開発した。

『ハコマンションVR』は、アプリを起動したスマートフォンをダ「GoogleCardboard」にセットして中を覗くと、360度のバーチャル空間上でモデルルームを体感できるというもの。向いた方向に合わせて360度の映像が画面に映し出されるので、より空間に没入することができる。空間内に散りばめられている虫眼鏡マークに視点を合わせると、その場所のこだわりポイントや特長が表示され、事前にある程度の物件の情報を直感的に把握することができる。

同社では4月4日(土)から、「イニシア船橋夏見」のモデルルームにてハコマンションVRの先行体験を実施するほか、先着300名限定でWebサイトよりイニシア船橋夏見のマンション資料を請求した人及びモデルルーム見学に来場した人に無料で「ハコマンション VR」体験キットをプレゼントするキャンペーンを実施する。体験キットの発送・受け渡しは4月中旬(アプリ公開日)以降の予定。

キャンペーンサイトはこちら
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら