生放送に合わせて嵐の「A・RA・SHI」をプレイ チームラボがテレビ番組と連動するゲーム企画を開発 | GameBusiness.jp

生放送に合わせて嵐の「A・RA・SHI」をプレイ チームラボがテレビ番組と連動するゲーム企画を開発

その他 その他

チームラボは、日本テレビ開局60周年を記念した特別音楽番組「THE MUSIC DAY 音楽のちから」にて、視聴者参加型ゲーム企画『テレビ史上初!リアルタイム音ゲーLIVE 嵐 Feat. You』を実施すると発表しました。
  • チームラボは、日本テレビ開局60周年を記念した特別音楽番組「THE MUSIC DAY 音楽のちから」にて、視聴者参加型ゲーム企画『テレビ史上初!リアルタイム音ゲーLIVE 嵐 Feat. You』を実施すると発表しました。
  • チームラボは、日本テレビ開局60周年を記念した特別音楽番組「THE MUSIC DAY 音楽のちから」にて、視聴者参加型ゲーム企画『テレビ史上初!リアルタイム音ゲーLIVE 嵐 Feat. You』を実施すると発表しました。
  • チームラボは、日本テレビ開局60周年を記念した特別音楽番組「THE MUSIC DAY 音楽のちから」にて、視聴者参加型ゲーム企画『テレビ史上初!リアルタイム音ゲーLIVE 嵐 Feat. You』を実施すると発表しました。
  • チームラボは、日本テレビ開局60周年を記念した特別音楽番組「THE MUSIC DAY 音楽のちから」にて、視聴者参加型ゲーム企画『テレビ史上初!リアルタイム音ゲーLIVE 嵐 Feat. You』を実施すると発表しました。
  • チームラボは、日本テレビ開局60周年を記念した特別音楽番組「THE MUSIC DAY 音楽のちから」にて、視聴者参加型ゲーム企画『テレビ史上初!リアルタイム音ゲーLIVE 嵐 Feat. You』を実施すると発表しました。
チームラボは、日本テレビ開局60周年を記念した特別音楽番組「THE MUSIC DAY 音楽のちから」にて、視聴者参加型ゲーム企画『テレビ史上初!リアルタイム音ゲーLIVE 嵐 Feat. You』を実施すると発表しました。

「THE MUSIC DAY 音楽のちから」の番組内の企画として実施される『テレビ史上初!リアルタイム音ゲーLIVE 嵐 Feat. You』は、「視聴者参加型音楽ゲーム」です。生放送中のテレビの前で、スマートフォンやPC、テレビリモコンを使い、テレビ画面上に流れてくるアイコンを見ながらタイミング良く音を鳴らす、テレビ史上初の試みとなっています。

■日本テレビ開局60周年記念特別音楽番組「THE MUSIC DAY 音楽のちから」
放送日時:2013年7月6日(土)10:30〜22:54
(『テレビ史上初!リアルタイム音ゲーLIVE 嵐 Feat. You』は21:00頃を予定)

今回の企画のシステムには「チームラボソーシャル楽器」を元にチームラボが改良し、テレビの放送波の遅延や携帯端末の時刻の誤差をカバーする独自のアルゴリズムを実装。生放送中に全国の視聴者が同時に音ゲーをプレイし、ライブ演奏に参加できるテレビ史上初の試みを実現しています。また、テレビリモコンの「dボタン」からの参加できるデータ放送を使った形式は、日本テレビ放送網が開発しています。

■『テレビ史上初!リアルタイム音ゲーLIVE 嵐 Feat. You』参加方法
1. ページにアクセス
日本テレビの公式サイトや番組内で紹介するURL等から、スマートフォンやPCでアクセスします。テレビリモコンから参加する場合は、番組放送中に「dボタン」を押してデータ放送にアクセスします。

2. 好きな音を選択
「マラカス」「タンバリン」「DJ(スクラッチ)」「手拍子」「イヌ」の5種類の中から好きな音を選びます。音を選ぶと、スマートフォンの画面には、嵐のメンバーが8bit風のドット画で登場します。

3.生放送のライブに合わせ、全国で同時に音ゲー開始
嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」のライブが始まると、テレビ画面にアイコンが流れてきます。選んだ音をタイミングよく鳴らしていきましょう。正確なリズムで鳴らすと音が変化していきます。正確な演奏を続けるとさらに音が変わっていくようです。どのように変化するかは当日のお楽しみ。

4. リズム感の判定
演奏終了後は、使用した端末に採点結果とリズムの正確さが3段階で表示されます。同じ部屋にいる家族はもちろん、遠く離れた友人とリズム感を競い合ってみましょう。

日本中の人が生放送のテレビに合わせて音ゲーに参加することで一つの音楽を一緒に演奏するという、これまでにない視聴体験、ライブ体験、音楽体験をすることができるこの企画。当日は、スマホやリモコンを片手に、みんなで一緒に「A・RA・SHI」の音ゲーをプレイしてみてはいかがでしょうか。

(C)NTV
《津久井箇人》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら