スマホ/タブレット対応のTV視聴・録画アプリ「torne mobile」が無料配信開始―SCE開発担当者に魅力を訊いた | GameBusiness.jp

スマホ/タブレット対応のTV視聴・録画アプリ「torne mobile」が無料配信開始―SCE開発担当者に魅力を訊いた

2010年3月18日はPS3専用TVアプリ「torne」の発売日。その5周年の節目となる2015年3月18日より、PlayStationプラットフォームを飛び出したスマートフォン/タブレット両対応の無料アプリ「 torne mobile 」として配信されることになり、SCE研究開発本部の石塚健作氏

その他 その他

2010年3月18日はPS3専用TVアプリ「torne」の発売日。その5周年の節目となる2015年3月18日より、PlayStationプラットフォームを飛び出したスマートフォン/タブレット両対応の無料アプリ「torne mobile」として配信されることになり、SCE研究開発本部の石塚健作氏に魅力を教えていただきました。


システム的に必要な部分をのぞき、フルネイティブのアプリとして配信される「torne mobile」。「torne」の最大の特徴かつ魅力といえば、やはり爆速という表現がふさわしい番組表やリストの表示機能でしょう。すでに「torne」ユーザーである方には周知の事実ではありますが、こうしてPSプラットフォームを飛び出す以上、むしろPSプラットフォームになじみがない人に訴求することが狙いであるのは明白。まるでテキストベースのWebサイトを見ているかのように、番組表がさくさく、ぬるぬるとスクロールする様はやはりいいものです。


スマートフォンやタブレットでの映像視聴となると、端末のディスプレイサイズや、映像視聴に注力したいのか、スタンド等で立てかけて“ながら”で見たいのかなど、その楽しみ方はさまざま。それを見越し、どのような解像度やアスペクト比の端末でも、アプリを同じ感覚で使えるように気を遣っているとのこと。また、そうしたシーンに合わせて快適に使えるよう、フォントサイズもかなりの数が用意されているようです。


もちろん同社によるネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」とも完全連携。両者を併用することで、外出時でも気軽にスマートフォンなどでTV番組の録画予約や映像の視聴が可能になります。ただ、「torne mobile」自体は無料ですが、映像の視聴再生機能の使用は別途500円を支払う必要がありますのでご注意を。まとめると、


・「torne mobile」のみを使用:番組表やリストの表示・閲覧、後述するトルネフ周りのコンテンツが体験可能
・「torne mobile」と「nasne」を連携:上記に加えTV番組の録画予約が可能に
・「torne mobile」と「nasne」を連携させ、映像視聴再生機能を購入:上記に加えTV視聴やビデオ再生が可能に


……となります。

「torne mobile」はPS4にかぎり簡単なリモコンとしても機能するとのこと(PS3には非対応)。映像のレジュームポイントはnasneが管理していますので、外出時に「torne mobile」で映像を見る→帰宅後に「torne mobile」でPS4を起動し、自宅の大きなモニターやTVで続きを見るというような使い方も可能となります。外出時にかぎらず、屋内での部屋の移動(映像を見る端末の変更)も楽々です。ここまでいくとなかなかいたれりつくせりですね。


torneの公式マスコットである「トルネフ」もこの「torne mobile」に登場。PSプラットフォームではおなじみの、彼(?)による予約番組ランキング紹介「トルランキング」や特定の番組をピックアップして紹介してくれる「トルネフランキング」なども楽しむことができます。アプリを使用することなどでたまるトルネフポイントを使ってルーレットを回し、トルネフのボイスをコレクションするちょっとしたお遊び要素も用意されているようです。


「torne mobile」はAndroid4.1以上、iOS7.1以上の対応で、本日より配信開始。繰り返しになりますが、番組表の快適さを味わうのは無料ですので、「torne」に触れたことがないという方は“とりあえず”くらいの軽い気持ちでダウンロードしてみるのもいいかもしれません。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら