【GDC 2015】モバイルVRの可能性を体験、サムスンとOculusが開発した「GearVR」 | GameBusiness.jp

【GDC 2015】モバイルVRの可能性を体験、サムスンとOculusが開発した「GearVR」

その他 その他

様々なVRデバイスが登場した今年のGDC。スマートフォンで大きな存在感を持つサムスン電子も早くからVRに取り組んでいます。

同社はOculus VRと共同で、スマートフォンを利用したVRデバイス「GearVR」を展開。ゴーグル型のデバイスで、前面に同社のスマートフォン「Galaxy Note 4」を格納する事で、簡易的なVR体験が出来るというもの。既に米国市場のみの先行で昨年末からリリースされています。

筆者は映画体験ということで「トランスフォーマー」の予告編を体験したのですが、ちょうど映画館の最前列で映画を見るように、少し奥にスクリーンがあり、そこに上映されるようなイメージ。左右に首を振ると、両サイドに視点を送る事が出来ます。「トランスフォーマー」は3D立体視でなかなかの迫力。3D映像を気軽に楽しめるという意味でもモバイルVRは良さそうです。

グーグルのダンボールVR「Cardboard」でも感じる事ですが、モバイルVRの良さは手軽なこと。そしてスマートフォンの進化を追い風に出来る事です。Galaxy Note 4の解像度は2560×1440pxで、それを両目に分割するので片目は1280×720px以下。しかしソニーのProject MorpheusやOculus Riftの解像度を上回っています。液晶の調達力はスマートフォンが群を抜いていると考えられ、今後も優位な状態が続きそうです。

「GearsVR」は米国では199ドルで既に販売中。対応しているスマートフォンは「Galaxy Note 4」のみで、こちらも日本では発売されていない機種なのですが、Oculus VRのジョン・カーマック氏は「次のリリースサイクルで大々的な展開が予定されている」と述べていましたので、そちらに期待したいところです。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら