マイクロソフトの新デバイス「HoloLens」発表、ヘッドセット型ホログラムコンピュータ | GameBusiness.jp

マイクロソフトの新デバイス「HoloLens」発表、ヘッドセット型ホログラムコンピュータ

その他 その他

マイクロソフトは、米国レドモンドで開催された「Windows 10: The Next Chapter」にて、ヘッドセット型のホログラム・コンピュータ「Microsoft HoloLens」を発表しました。
  • マイクロソフトは、米国レドモンドで開催された「Windows 10: The Next Chapter」にて、ヘッドセット型のホログラム・コンピュータ「Microsoft HoloLens」を発表しました。
マイクロソフトは、米国レドモンドで開催された「Windows 10: The Next Chapter」にて、ヘッドセット型のホログラム・コンピュータ「Microsoft HoloLens」を発表しました。

「Microsoft HoloLens」は透過型のヘッドセットデバイスで、現実の視界に3D映像オブジェクトを表示するもの。現実世界の環境と連携を可能にし、例えば、壁をスクリーンにして映像を表示したり、現実の部屋の模様替えプランをホログラムで表示するといったできるようになるとのこと。ホログラムオブジェクトに干渉することも出来るようです。

「Windows 10」はAPI「Windows holographic」に標準対応し、全てのユニバーサルアプリをホログラムとして動作させることが可能。「Microsoft HoloLens」にはハイエンドのCPUとGPU、そしてHPU(ホログラム処理ユニット)を内蔵し、PCなどへ接続することなく使用できる他、立体音響装置を搭載し、オブジェクトのある方向や距離が聴覚的にも再現されます。

プレゼンテーションではプロトタイプを使って、視界にオブジェクトを作成していく様子が実演されました。また、イベント後に公開された映像では、「Microsoft HoloLens」の可能性が紹介されており、『Minecraft』など、ゲーム用途での可能性も示唆されています。

マイクロソフトは「HoloLens」の開発ツールの提供で、ソフトウェアやデバイスの開発を促していくとのこと。かなりの未来感が漂うデバイスだけに、対応アプリに期待が募ります。また、リリース時期については「Windows 10 タイムフレーム」と伝えており、「Windows 10」の実働期間の間に登場するものと思われます。

《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら