PS4が世界累計実売台数1,850万台を達成、年末年始には実売410万台を記録 | GameBusiness.jp

PS4が世界累計実売台数1,850万台を達成、年末年始には実売410万台を記録

その他 その他

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、プレイステーション4が2014年の年末・年始商戦期において410万台以上の実売を達成し、2015年1月4日時点で全世界の累計実売台数が1,850万台を超えたことを発表しました。
  • ソニー・コンピュータエンタテインメントは、プレイステーション4が2014年の年末・年始商戦期において410万台以上の実売を達成し、2015年1月4日時点で全世界の累計実売台数が1,850万台を超えたことを発表しました。
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、プレイステーション4が2014年の年末・年始商戦期において410万台以上の実売を達成し、2015年1月4日時点で全世界の累計実売台数が1,850万台を超えたことを発表しました。

アンドリュー・ハウス社長兼グループCEOは、「この年末・年始商戦期においても、多くのユーザーの皆様にPS4をご支持いただけたことを大変嬉しく思います。本年も魅力的なタイトルをお届けするとともに、より充実したサービスをご提供し、最高の遊び場としてPS4に新たな付加価値を提供して参ります。」とのコメントを伝えています。

海外で2013年11月、国内では2014年2月に発売されたプレイステーション4ですが、歴代プレイステーションハードウェアの中でも史上最速となる勢いでユーザー達に普及しているとのことです。また、販売店およびPlayStation StoreでのPS4向けタイトル累計実売本数は、2015年1月4日時点で8,180万本(2014年の年末・年始商戦期の実売1,780万本含む)に達したとのことです。更に、メンバーシップサービス「PS Plus」の加入ユーザー数は1,090万人を超えたとも伝えられています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら