gumiが50億円資金調達、セガネットワークとは『チェインクロニクル』の海外展開も共同で | GameBusiness.jp

gumiが50億円資金調達、セガネットワークとは『チェインクロニクル』の海外展開も共同で

セガネットワークスとgumiは、業務提携契約を締結し、年内に北米にてiOS/Androidアプリ『チェインクロニクル』のサービスを開始すると発表しました。

その他 その他
セガネットワークスとgumiは、業務提携契約を締結し、年内に北米にてiOS/Androidアプリ『チェインクロニクル』のサービスを開始すると発表しました。

2012年7月の設立以来、セガの持つソフト資産を活かしたものからオリジナルタイトルまで、セガブランドの多種多様なスマートデバイス向けコンテンツをグローバルに展開しているセガネットワークスと、子会社であるエイリムが提供している『ブレイブ フロンティア』がこれまでに世界55カ国のマーケットに向けて展開され、各国でヒットを記録しているgumiが業務提携契約を締結しました。今回の業務提携契約は、セガネットワークスが日本国内で展開する複数タイトルの北米等英語圏を中心としたサービス提供のためとのことです。

両社が業務を行うことで、『チェインクロニクル』をはじめとするセガネットワークスの複数ゲームタイトルを、gumiが世界各国に提供していくことにより、事業拡大を図っていきます。各国に提供される際には、日本向けコンテンツが現地言語に翻訳され、一部地域ではキャラクターボイスも現地言語に対応。現地のプレイヤーの嗜好やプレイ環境に合わせたゲーム運営、プロモーションが実施される予定となっています。

また、業務提携契約に先行して、WiL,LLC.が運営するファンド等を引受先とするgumiは第三者割当増資により、総額50億円を調達しました。本第三者割当増資では、セガネットワークスも引き受けを行っています。本増資により、gumiは海外拠点を中心としてモバイルオンラインゲーム開発、パブリッシュラインを強化。自社コンテンツだけでなく、他社コンテンツについても世界に向けて配信していく方針としています。

(c) SEGA/(c) SEGA Networks
《さかまきうさろーる》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら