AR企業のBlippar、近日中にGoogle Glass向けのARゲームのSDKを提供 | GameBusiness.jp

AR企業のBlippar、近日中にGoogle Glass向けのARゲームのSDKを提供

その他 その他

イギリスとアメリカに拠点を置くスマートフォン向けAR(拡張現実)企業の  Blippar  が、近日中に外部の開発者向けにGoogle Glass向けのARゲームのSDKを公開すると発表した。
  • イギリスとアメリカに拠点を置くスマートフォン向けAR(拡張現実)企業の  Blippar  が、近日中に外部の開発者向けにGoogle Glass向けのARゲームのSDKを公開すると発表した。
イギリスとアメリカに拠点を置くスマートフォン向けAR(拡張現実)企業のBlipparが、近日中に外部の開発者向けにGoogle Glass向けのARゲームのSDKを公開すると発表した。

Blipparは2011年に英ロンドンに設立されたAR企業で、これまで世界中の企業やブランド、サービスのARコンテンツ配信を手がけてきた。同社のARプラットフォームアプリ「Blippar」は480万ダウンロードを突破しており、現在は2013年からは日本にも進出している(日本版サイトはこちら)。

今回公開されるSDKは、Google Glassでポスターや広告など任意の画像を認識することで展開するゲームが開発できるもので、Google Glassのユーザー同士で同じゲームをプレイできる機能もあるという。

《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら