任天堂、社外取締役の導入にあたり定款を一部変更 | GameBusiness.jp

任天堂、社外取締役の導入にあたり定款を一部変更

任天堂は社外取締役候補として現在社外監査役を務める水谷直樹氏を指名し、株主総会を経て正式に決定する見通しですが、それに社外取締役の導入に伴い、定款を一部変更することを明らかにしました。

その他 その他
任天堂は社外取締役候補として現在社外監査役を務める水谷直樹氏を指名し、株主総会を経て正式に決定する見通しですが、それに社外取締役の導入に伴い、定款を一部変更することを明らかにしました。

これは社外取締役や社外監査役との間で、責任限定契約を締結できるようにするもの。責任限定契約は損害賠償等のケースにおいて、責任を事前に制限しておく契約のこと。こうした契約を締結することで社外取締役のリスクを軽減し、より適切な人材の招聘を行う狙いがあります。

定款の変更についても6月27日に開催予定の定時株主総会の決議をもって正式決定となります。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら