LINEのスマホ向け仮想空間「LINE Play」、サービス開始から1年で1500万ユーザーを突破 | GameBusiness.jp

LINEのスマホ向け仮想空間「LINE Play」、サービス開始から1年で1500万ユーザーを突破

その他 その他

メッセージングアプリ「  LINE  」に対応したアバターコミュニティアプリ「  LINE Play  」のユーザー数が全世界1500万ユーザーを突破した。
  • メッセージングアプリ「  LINE  」に対応したアバターコミュニティアプリ「  LINE Play  」のユーザー数が全世界1500万ユーザーを突破した。
メッセージングアプリ「LINE」に対応したアバターコミュニティアプリ「LINE Play」のユーザー数が全世界1500万ユーザーを突破した。

「LINE Play」は、自分のアバターを設定して着せ替えやマイルームの模様替えを楽しんだり他のユーザーとコミュニケーションができるスマートフォン向けの2D仮想空間アプリ。2012年11月21日にプレオープンし同年12月18日より正式サービスを開始したが、既にその間に100万ユーザーを獲得する人気ぶりで、さらに正式オープンから1ヶ月強で200万ユーザーを突破。先月には同時アバターチャット機能「スクエア」を実装し、日本国内のみならず全世界で利用される大規模なコミュニティへと成長している。

LINEでは今回の1500万ユーザー突破に合わせ、仮想通貨「ジェム」のプレゼントやアイテムのプレゼントなど各種キャンペーンを実施する。詳細はこちら
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら