「ゲーム業界で他社に差をつけ、ユーザーを獲得する」無料レポート公開・・・来年開催のGame Distribution Japan 2014に先立って | GameBusiness.jp

「ゲーム業界で他社に差をつけ、ユーザーを獲得する」無料レポート公開・・・来年開催のGame Distribution Japan 2014に先立って

Video Games Intelligenceは、ゲーム業界の運営・流通・営業に特化したカンファレンス「 Game Distribution Japan 2014 」を2014年3月5日〜6日にヒルトン東京で開催します。日本で開催されるのは初となります。

その他 その他
Video Games Intelligenceは、ゲーム業界の運営・流通・営業に特化したカンファレンス「Game Distribution Japan 2014」を2014年3月5日〜6日にヒルトン東京で開催します。日本で開催されるのは初となります。

同社ではイベントの開催に先立ち、「ゲーム業界で他社に差をつけ、ユーザーを獲得する」と題したオリジナルレポートをウェブサイトで無料で公開しています。レポートではサムスン電子のゲームチービスチームの金圭鎬氏、マッキンゼー・アンド・カンパニーのジェイソン・チー氏、ゲームデベロッパーのクリフハンガープロダクションズのヤン・ワグナー氏のインタビューを通じて、

・プラットフォームが多様化することで、F2Pの市場がどのように拡大するか
・モバイル市場にて差をつけ、ユーザーを囲い込む方法について
・収益性が高いユーザーセグメントについて、各業界のエキスパートはどう考えるか

といった内容が語られています。読み応えのあるレポートとなっていますので是非チェックしてみてください。

Game Distribution Japan 2014」では行動分析を通じたマネタイゼーション、グローバルなコマーシャル戦略、マルチプラットフォーム対応、スマートTVなどの新たなプラットフォームなどについてゲーム業界のキープレイヤーが登壇する予定。詳細なスケジュール等は追って発表されるとのこと。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら