セガサミー、平成26年3月期第2四半期決算を発表 ― 『ファンタシースターオンライン2』と『チェインクロニクル』が好調 | GameBusiness.jp

セガサミー、平成26年3月期第2四半期決算を発表 ― 『ファンタシースターオンライン2』と『チェインクロニクル』が好調

その他 その他

セガサミーホールディングスは、平成26年度3月期 第2四半期連結決算を発表しました。

売上高1622億900万円(同年前期 18.8%増)、営業利益123億9800万円(前年同期比 57.1%増)、経常利益142億6600万円(前年同期比 95.6%増)、純利益113億4800万円(前年同期比 192.9%増)となりました。

アミューズメント施設事業は、前期に引き続き、既存店舗の運営力強化を行いましたが、業界を牽引するタイトルの不在により、国内既存店舗の売上高は、前年同期比95.0%と低調に推移したとのこと。また、国内では、当第2四半期に1店舗閉店、新規出店を2店舗行った結果、当第2四半期連結会計期間末の店舗数は202店舗となっています。(国内アミューズメント施設の直営店舗のみ対象)

コンシューマ事業では、パッケージゲーム分野にて『Total War: ROME II』などの販売を行い、堅調に推移した結果、パッケージ販売本数が米国130万本、欧州152万本、日本40万本の合計323万本となり、前年同期実績を上回ったとのことです。デジタルゲーム分野では、オンラインRPG『ファンタシースターオンライン2』の登録ID数が2013年8月19日に累計300万を突破するなど、好調に推移。またスマートフォン向けタイトル『チェインクロニクル』も、2013年9月18日に80万ダウンロードを突破するなど、好調に推移しています。

連結業績予想については、現段階では修正はないとのことです。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら