【GDC Next 2013】スマホゲームのプレイ動画を簡単に共有!導入タイトルが増える「EVERYPLAY」 | GameBusiness.jp

【GDC Next 2013】スマホゲームのプレイ動画を簡単に共有!導入タイトルが増える「EVERYPLAY」

その他 その他

どの動画共有サイトでも、人気カテゴリとなっていのがゲームのプレイ動画。スマートフォンの世界にもこの波はやってきそうです。GDC Nextのエキスポ会場にブースを構えていたApplifier社の「EVERYPLAY」はこの分野での先駆者として急成長を続けています。
  • どの動画共有サイトでも、人気カテゴリとなっていのがゲームのプレイ動画。スマートフォンの世界にもこの波はやってきそうです。GDC Nextのエキスポ会場にブースを構えていたApplifier社の「EVERYPLAY」はこの分野での先駆者として急成長を続けています。
  • どの動画共有サイトでも、人気カテゴリとなっていのがゲームのプレイ動画。スマートフォンの世界にもこの波はやってきそうです。GDC Nextのエキスポ会場にブースを構えていたApplifier社の「EVERYPLAY」はこの分野での先駆者として急成長を続けています。
  • どの動画共有サイトでも、人気カテゴリとなっていのがゲームのプレイ動画。スマートフォンの世界にもこの波はやってきそうです。GDC Nextのエキスポ会場にブースを構えていたApplifier社の「EVERYPLAY」はこの分野での先駆者として急成長を続けています。
どの動画共有サイトでも、人気カテゴリとなっていのがゲームのプレイ動画。スマートフォンの世界にもこの波はやってきそうです。GDC Nextのエキスポ会場にブースを構えていたApplifier社の「EVERYPLAY」はこの分野での先駆者として急成長を続けています。

「EVERYPLAY」はスマートフォンゲームに組み込むことで、簡単にゲームのプレイ動画を保存し、共有できるようにするソリューション。開発者向けに提供されているSDKを組み込むだけで(UnityやCocos2dとのインテグレーションを完了)、ゲームユーザーはゲームプレイの様子を後から確認できるようになり、簡単にApplifier社の運営するeveryplay.comにアップロードできるようになります。everyplay.comには既に膨大な数の動画が投稿されていて、再生回数は数百万回に上っています。

既にRovio Entertainmentの『Bad Piggies』を始めとして、NimbleBitの『Nimble Quest』、Chilingoの『Tiny Troopers 2』、Fingersoftの『Hill Climb Racing』などに導入されているほか、担当者によればSupercellやNaturalMotionも採用を決めているとのこと。

導入することのメリットとしては、ユーザーが自身のプレイを振り返って確認できるようになることや、気に入ったプレイを他人と共有できるようになることが挙げられます。everyplay.comでは動画にコメントを付けたりソーシャルメディアに共有することもできることから、プレイ動画の拡散を通じた新たなユーザーの獲得にも繋げていくことができそうです。

スマートフォンにおいては、動作しているアプリの画面を別のアプリで録画するということが困難なため、実現しようとするとアプリ自体に録画機能を組み込むことになります。既に確立しているEVERYPLAYのソリューションを導入するというのは、スマートフォンでプレイ動画を使った取り組みをしようとするデベロッパーにとってはコストの安い選択となりそうです。Applifierとしても積極的にデベロッパーの獲得に乗り出しているとのこと。詳しくは開発者向けサイトを参照のこと。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら