任天堂と大日本印刷が3DS向けに児童書の電子書籍で提携 | GameBusiness.jp

任天堂と大日本印刷が3DS向けに児童書の電子書籍で提携

その他 その他

任天堂と大日本印刷が、ニンテンドー3DS向けに小中学生向け児童書の電子書籍を配信することが明らかになりました。
  • 任天堂と大日本印刷が、ニンテンドー3DS向けに小中学生向け児童書の電子書籍を配信することが明らかになりました。
任天堂と大日本印刷が、ニンテンドー3DS向けに小中学生向け児童書の電子書籍を配信することが明らかになりました。

朝日新聞が伝えることろによると、これは児童書専門の電子書店を大日本印刷が3DS向けに立ち上げ、任天堂の課金システムを使用して購入する仕組みになっています。
サービス開始は今秋で、ファンタジーやおとぎ話を中心に、まずは約300タイトルからのスタートとなり、価格は紙の書籍よりもやや安い程度を想定していると発表されています。
また、購入した電子書籍は無料アプリを使って読むことができます。

任天堂はこのほかにも『どこでも本屋さん』というアプリを提供しており、電子書籍を購入や閲覧が可能ですが、こちらは幅広い年齢層を対象としています。
今回あらたに3DSに児童書専門の電子書店を立ち上げるのは、人気ゲーム機を通して子どものころから電子書籍に親しんでもらう狙いがあり、今後市場の拡大を目指していくということです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら