カカオトーク、米モバイル広告プラットフォームのTapjoyと業務提携 | GameBusiness.jp

カカオトーク、米モバイル広告プラットフォームのTapjoyと業務提携

その他 その他

モバイル広告プラットフォームを運営する米サンフランシスコの  Tapjoy  が、韓国発のメッセージングアプリ  KakaoTalk(カカオトーク)  と業務提携を行った。
  • モバイル広告プラットフォームを運営する米サンフランシスコの  Tapjoy  が、韓国発のメッセージングアプリ  KakaoTalk(カカオトーク)  と業務提携を行った。
モバイル広告プラットフォームを運営する米サンフランシスコのTapjoyが、韓国発のメッセージングアプリKakaoTalk(カカオトーク)と業務提携を行った。

Tapjoyはアメリカ最大手のスマートフォン広告専門プラットフォーム。企業だけでなく個人の開発者も利用可能で、約3億400万人を超えるユーザーにリーチできるという。今回の提携により、今後同社はカカオトークのゲームプラットフォーム「Kakao Game」上でゲームを提供しているディベロッパー向けに広告・マネタイズツールを提供し、ゲームアプリの収益化を支援していくという。

カカオトークはつい先日もリワード広告プラットフォーム「adPOPcorn」を運営する韓国のIGAWorks Inc.と業務提携を行っており、スマートフォン向け広告会社との提携はこれで2例目となる。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら