RADゲームツールズ、主要5製品でプレイステーション4対応 | GameBusiness.jp

RADゲームツールズ、主要5製品でプレイステーション4対応

その他 その他

ゲーム開発用ミドルウェアを提供するRADゲームツールズは、主要5製品がプレイステーション4(PS4)にも対応したと発表しました。

PS4をサポートするのは映像再生コーデックのBink、Bink 2、総合サウンドツールのMiles、アニメーション制作ツールのGranny 3D、Flashファイルを再生するIggy、パフォーマンス解析ツールのtelemetry。

同社のジェフ・ロバーツ社長は「このように大きく期待されている次世代コンピュータエンタテインメントシステムであるPS4のソフトウェア開発を手がけるディベロッパーの皆さまを、私どもの開発しているミドルウェアツール主力製品で、お手伝い出来ることはこの上ない喜びです。」とコメントしています。

- Bink Video: 1998年提供開始から全世界で6,000以上のゲームに採用実績を誇る、真の業界標準ビデオコーデック。
- Bink 2 Video: Bink Videoの新世代高画質高速処理ハイエンド ビデオコーデック。
- The Miles Sound System: 5,000以上のゲームに採用されてきた総合サウンドツール。Game Developerマガジンで、 ミドルウェア製品として初めて殿堂入りの栄誉を得ました。
- Granny 3D: 3Dゲームやアプリケーションのアニメーション制作パイプラインを強力にサポートするツールキット。
- Iggy: Adobe® Flash® 環境で作成されたUIコンテンツをPS4プラットフォームで、効率よく表示するシステム。
- Telemetry: メニーコア、マルチスレッド環境のために書かれたゲームプログラムのパフォーマンスを徹底的に可視化する、最適化には必携のプロファイラ。


ご興味のある日本のデベロッパーは日本担当( jp_sales3@radgametools.com または050-3685-7107まで)。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら