防衛省、自衛隊史上初の陸海空三幕公認ARアプリ「キミにエールAR」をリリース | GameBusiness.jp

防衛省、自衛隊史上初の陸海空三幕公認ARアプリ「キミにエールAR」をリリース

その他 その他

防衛省  が、自衛隊への入隊希望者の増加を目的とした活動の一環としてスマートフォン向けARアプリ「  キミにエールAR  」をリリースした。ダウンロードは無料(  iOS  /  Android  )。
  • 防衛省  が、自衛隊への入隊希望者の増加を目的とした活動の一環としてスマートフォン向けARアプリ「  キミにエールAR  」をリリースした。ダウンロードは無料(  iOS  /  Android  )。
  • 防衛省  が、自衛隊への入隊希望者の増加を目的とした活動の一環としてスマートフォン向けARアプリ「  キミにエールAR  」をリリースした。ダウンロードは無料(  iOS  /  Android  )。
  • 防衛省  が、自衛隊への入隊希望者の増加を目的とした活動の一環としてスマートフォン向けARアプリ「  キミにエールAR  」をリリースした。ダウンロードは無料(  iOS  /  Android  )。
防衛省が、自衛隊への入隊希望者の増加を目的とした活動の一環としてスマートフォン向けARアプリ「キミにエールAR」をリリースした。ダウンロードは無料(iOS/Android)。

「キミにエールAR」は自衛隊史上初の陸海空三幕公認アプリ。端末のカメラで自分の顔を撮影して専用のARマーカーを認識させると、画面上に自衛官になった自分のアバターが現れる。アバターは、「敬礼」「休め」「ほふく前進」など全12種類の自衛隊ならではのアクションをとりながら、今の自分に勇気を与えてくれる言葉や偉人の名言、自衛隊トリビアなどのメッセージを話す。ARマーカーは自衛官募集サイトなどに掲載されており、PDFデータでダウンロードすることも可能。

さらにアプリ内で作成したアバターを利用して、オリジナルの“エールARスタンプ”を作成する機能もある。三幕の制服(男女各9種類)や自衛隊ならではのアクション(全12種類)、「10(ひとまる)式戦車」「イージス艦 みょうこう」「F-2 戦闘機」など実際の自衛隊装備の背景画像(全10種類)を選択することができ、吹き出しに自由にメッセージを入力して画像化できる。作成した画像は、メールや様々なSNSなどでコミュニケーションツールとして使用できる。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら