スパイシーソフト、ソーシャルゲーム事業をフィールズに譲渡 | GameBusiness.jp

スパイシーソフト、ソーシャルゲーム事業をフィールズに譲渡

その他 その他

スパイシーソフト株式会社  が、同社のソーシャルゲーム事業を  フィールズ株式会社  に譲渡したと発表した。
  • スパイシーソフト株式会社  が、同社のソーシャルゲーム事業を  フィールズ株式会社  に譲渡したと発表した。
スパイシーソフト株式会社が、同社のソーシャルゲーム事業をフィールズ株式会社に譲渡したと発表した。

スパイシーソフトは2010年8月よりソーシャルゲーム事業を開始し、最新作『姫奪!ダンジョンズロード』は現在20万人以上のユーザーを有する人気タイトルとなっている。しかし同社ではソーシャルゲーム事業の事業発展のためにはさらなる投資が必要であると判断し、同事業をフィールズに譲渡することとを決定したという。

なお、スパイシーソフトはソーシャルゲーム以外にも「チャリ走」「糸通し」といったカジュアルゲーム配信事業やメディア事業、マンガプラットフォーム事業を展開しており、今後もこれらの事業に注力しより投資を加速していくとしている。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら