NTTドコモ、サムスン・インテルらが開発の新OSを搭載したスマホを2013年にも発売 | GameBusiness.jp

NTTドコモ、サムスン・インテルらが開発の新OSを搭載したスマホを2013年にも発売

その他 その他

読売新聞は、新OS「タイゼン」(Tizen)を採用したスマートフォンを2013年にもNTTドコモが日本国内で発売する方向で検討に入ったと伝えています。スマートフォン向けのOSはiOSとAndroidが世界的なシェアを獲得していますが、第3勢力を目指したい考えとのこと。
  • 読売新聞は、新OS「タイゼン」(Tizen)を採用したスマートフォンを2013年にもNTTドコモが日本国内で発売する方向で検討に入ったと伝えています。スマートフォン向けのOSはiOSとAndroidが世界的なシェアを獲得していますが、第3勢力を目指したい考えとのこと。
読売新聞は、新OS「タイゼン」(Tizen)を採用したスマートフォンを2013年にもNTTドコモが日本国内で発売する方向で検討に入ったと伝えています。スマートフォン向けのOSはiOSとAndroidが世界的なシェアを獲得していますが、第3勢力を目指したい考えとのこと。

「タイゼン」はLinux Foundation傘下のTizen Associationで開発が進められているスマートフォンやタブレット向けのオープンソースな新OS。開発ではサムスン電子とインテルが主導的な役割を担っていて、MeeGoとLiMoのアーキテクチャを受け継いでいます。複数のメーカーが新OSを採用した端末を計画していて、NTTドコモはサムスン電子が2013年にリリースするタイゼン搭載端末を日本国内で発売する計画。

「タイゼン」はHTML5とWAC(Wholesales Applications Community)標準に基づいていて、開発者にオープンな環境が提供されます。

iOSはアップル、Androidはグーグルが統合的な環境を提供していてキャリア独自機能の提供は難しいため、NTTドコモではオープンソースで自由にサービスが構築できる「タイゼン」に期待を寄せているということのようです。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら