米ゲーム業界誌Gamasutra、「2012年のゲーム業界人50選」を発表 日本からも複数人が選ばれる | GameBusiness.jp

米ゲーム業界誌Gamasutra、「2012年のゲーム業界人50選」を発表 日本からも複数人が選ばれる

その他 その他

英語圏最大のゲーム開発者向け情報サイト Gamasutra が報じた、2012 年のゲーム業界人 50 選 に日本企業からは 3 社 4 名の方が選出されました。
  • 英語圏最大のゲーム開発者向け情報サイト Gamasutra が報じた、2012 年のゲーム業界人 50 選 に日本企業からは 3 社 4 名の方が選出されました。
英語圏最大のゲーム開発者向け情報サイト Gamasutra が報じた、2012 年のゲーム業界人 50 選 に日本企業からは 3 社 4 名の方が選出されました。

同記事では、2012 年にゲーム産業のさまざまな分野において革新や変化をもたらした人物を 50 人選出し、その功績を紹介するものです。50 人の中には Unity Technologies 社の Joachim Ante 氏らと並び、日本からゲームデザイン部門でモノリスソフトの高橋哲哉氏と小島幸氏、ビジネス部門で Active Gaming Media のイバイ・アメストイ氏、Evangelism(直訳で "熱心な活動")部門でカプコンの小野義徳氏が選出されています。

ゲームデザイン部門で選出されたモノリスソフトの両氏は『Xenoblade』(ゼノブレイド)において、従来の JRPG という枠の中で作りこむのではなく、現世代タイトルとして求められる要素に対して前向きに変更を加えたことで、JRPG というジャンルの新たな可能性を示したことが評価されています。

ビジネス部門での選出となった Active Gaming Media のイバイ・アメストイ氏は、創業以来ローカライゼーションエージェンシーとして活動してきた同社が立ち上げたインディーゲームのデジタル配信プラットフォーム、Playism が評価されての選出となりました。同社は PLAYISM を通じて英語圏へは日本語のインディーゲームを、日本語圏へは他言語のタイトルを配信しており、熱心なインディーゲムファンならばよく知られたプラットフォームとなりました。なおアメストイ氏は Gamebusiness.jp にも言語と文化の壁に関する記事を寄稿されています。

そして本年は "熱心な活動" で選出されたカプコンの小野義徳氏。昨年度も『ストリートファイター』シリーズの再生を果たした功績からゲームデザイン部門で選出されていました。本年の選出は、厳しい健康上の問題を乗り越えた後に Eurogamer 誌に語ったインタビューの内容と、氏の勇気ある発言について賞賛するものでした。

日本企業からの選出者だけでも実にさまざまな功績が選出の基準となっていますね。なお原文のページでは、この他にも Valve からインディーゲームスタジオまで、実に様々な方が功績に対するコメント付きで選出されています。
《矢澤竜太》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら