ワーナー・ブラザーズとMGM、ソーシャルゲームディベロッパーのKabamに戦略的投資 | GameBusiness.jp

ワーナー・ブラザーズとMGM、ソーシャルゲームディベロッパーのKabamに戦略的投資

その他 その他

Warner Bros. Entertainment  と  Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.(以下MGM)  が、米カリフォルニア州に拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーの  Kabam  に戦略的投資を行ったと発表した。金額については明らかにされていない。
  • Warner Bros. Entertainment  と  Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.(以下MGM)  が、米カリフォルニア州に拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーの  Kabam  に戦略的投資を行ったと発表した。金額については明らかにされていない。
Warner Bros. EntertainmentMetro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.(以下MGM)が、米カリフォルニア州に拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーのKabamに戦略的投資を行ったと発表した。金額については明らかにされていない。

既にKabamは今年の9月にWarnerと業務提携を行っており、映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを題材にしたスマートフォン向けソーシャルゲームアプリ『The Hobbit: Kingdoms of Middle-earth』を先月リリースした。また12月14日には同じく「ロード・オブ・ザ・リング」を題材にしたPC向けソーシャルゲーム『The Hobbit: Armies of the Third Age』のリリースを控えている。

今回のWarnerとMGMの資本参加により、Warner代表のKevin Tsujihara氏とMGM会長兼CEOのGary Barber氏がKabamの取締役会に加わるという。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら