Kabam、モバイルゲーム企業の「TapZen」と「Magic Pixel Games」の2社を同時買収 | GameBusiness.jp

Kabam、モバイルゲーム企業の「TapZen」と「Magic Pixel Games」の2社を同時買収

その他 その他

米ソーシャルゲームディベロッパー兼パブリッシャーの  Kabam  が、米ロサンゼルスに拠点を置くモバイルゲーム企業の  TapZen  と  Magic Pixel Games  の2社を買収すると発表した。
  • 米ソーシャルゲームディベロッパー兼パブリッシャーの  Kabam  が、米ロサンゼルスに拠点を置くモバイルゲーム企業の  TapZen  と  Magic Pixel Games  の2社を買収すると発表した。
  • 米ソーシャルゲームディベロッパー兼パブリッシャーの  Kabam  が、米ロサンゼルスに拠点を置くモバイルゲーム企業の  TapZen  と  Magic Pixel Games  の2社を買収すると発表した。
米ソーシャルゲームディベロッパー兼パブリッシャーのKabamが、米ロサンゼルスに拠点を置くモバイルゲーム企業のTapZenMagic Pixel Gamesの2社を買収すると発表した。

TapZenは2012年に設立されたスマートフォン/タブレット向けゲームデベロッパーで、現在iOS向けのストラテジーゲーム『This Means WAR!』を開発・運営している。

一方Magic Pixel Gamesは2010年に設立された独立系ゲームデベロッパーで、複数のコンソール/モバイル向けゲームタイトルの開発を手がけており、前述の『This Means WAR!』もTapZenと共同開発している。今回の買収により両社はKabamのロサンゼルス・スタジオに併合され、提供中のタイトルもこれまでと同様にサービスを続けるという。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら