シリコンスタジオ、FlashファイルをHTML5+JavaScriptに変換する「BLADE」を配信開始 | GameBusiness.jp

シリコンスタジオ、FlashファイルをHTML5+JavaScriptに変換する「BLADE」を配信開始

その他 その他

シリコンスタジオは、Flashで制作されたSWF形式のファイルをHTML5+JavaScriptに変換するエンジン「BLADE」を提供開始しました。
  • シリコンスタジオは、Flashで制作されたSWF形式のファイルをHTML5+JavaScriptに変換するエンジン「BLADE」を提供開始しました。
  • シリコンスタジオは、Flashで制作されたSWF形式のファイルをHTML5+JavaScriptに変換するエンジン「BLADE」を提供開始しました。
シリコンスタジオは、Flashで制作されたSWF形式のファイルをHTML5+JavaScriptに変換するエンジン「BLADE」を提供開始しました。

「BLADE」はFlash Lite 1.1で開発されたファイルをHTML5+JavaScriptに変換し、スマートフォン、タブレットなどで再生できる形にするもの。ゲームでは必須のActionScriptによる制御、シェイプ、マスクなどの描画もスムーズに変換可能。シリコンスタジオ自身がソーシャルゲームデベロッパーとして培ってきたノウハウを集約したものだということです。

主な特徴は以下の通り。

■マルチプラットフォーム
BLADEは、Mobage、GREE、mixiといったSNSプラットフォームに依存せず動作し、iOS、Androidの両デバイスに対応しています。

■開発環境での変換が可能
BLADEでは開発環境で予め変換したSWFファイルをサーバー上に配置してスマートフォン側で再生します。事前に変換したファイルを再生するため、ゲーム実行中にクライアント側で変換するタイプのSWF変換エンジンよりも高速に描画できます。

■画面サイズの自動調整
コンテンツの画面サイズをスマートフォンやタブレットに合わせて自動調整できます。

■サーバー側での動的な画像差し替え
従来のFlash同様に、画像、アクションスクリプト変数、ムービークリップなどを動的に差し替えられます。

■Canvas使用
描画にはCanvasを描画機能として使用しているためSVGが実装されていない環境にも対応します。

■ネットワークへの負荷はオリジナルSWFと同等
BLADEでは、変換したSWFファイルを圧縮してネットワーク上に送信するため、ネットワークへの負荷はオリジナルと同等になります。なお圧縮処理によりサーバー負荷が増えることはありません。

■変換後のパフォーマンス
オリジナルのFPSに対して50%〜100%の速度で動作します。半透明の重ねあわせ処理なども高速に実行できます。

また、動作環境は以下の通り。

■対応するFlashのバージョン
Flash Lite 1.1 (SWF4 以下 ※SWF5以上への対応検討中)
・デバイスフォントに対応(埋め込みフォント非対応)
・静止テキスト非対応(対応予定あり,ダイナミックテキストで代用可)
・fscommand非対応

■対応する端末およびOSバージョン
端末:iPhone 3GS、4、4S、5、AndroidOS搭載のスマートフォンおよびタブレット
OS:iOS4、5およびAndroidOS 2.3以降
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら