『風ノ旅ビト』サントラがグラミー賞にノミネート | GameBusiness.jp

『風ノ旅ビト』サントラがグラミー賞にノミネート

その他 その他

今年4月にPlayStation NetworkやiTunesでリリースされた『Journey(風ノ旅ビト)』の公式サウンドトラックが、第55回グラミー賞のビジュアルメディアベストスコアサウンドトラック部門でノミネートされたことが分かりました。
  • 今年4月にPlayStation NetworkやiTunesでリリースされた『Journey(風ノ旅ビト)』の公式サウンドトラックが、第55回グラミー賞のビジュアルメディアベストスコアサウンドトラック部門でノミネートされたことが分かりました。
今年4月にPlayStation NetworkやiTunesでリリースされた『Journey(風ノ旅ビト)』の公式サウンドトラックが、第55回グラミー賞のビジュアルメディアベストスコアサウンドトラック部門でノミネートされたことが分かりました。

作曲家Austin Wintory氏が手がけた『Journey』のサントラは、iTunesでトップ10チャート入りも果たすなど、元のゲームと同じく大変好評で、CDバージョンの発売も実現しています。

グラミーのビジュアルメディアベストスコアサウンドトラック部門では、『タンタンの冒険』、『アーティスト』、『ダークナイト ライジング』、『ドラゴン・タトゥーの女』といった一流のハリウッド大作映画がノミネートされており、ゲームから選ばれたのは『Journey』のみとなります。

突然のノミネート発表の知らせを聞いたAustin Wintory氏は、「今は言葉も無いです」と驚きのコメント。

尚、第53回のグラミー賞では、『Civilization IV』のテーマソングを収録したChristopher Tin氏のアルバムが受賞を果たしています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら