グラミー受賞の『Civilization IV』楽曲が米番組「America's Got Talent」で披露―大興奮のスタンディングオベーション | GameBusiness.jp

グラミー受賞の『Civilization IV』楽曲が米番組「America's Got Talent」で披露―大興奮のスタンディングオベーション

文化 その他


アメリカの人気リアリティ番組「America's Got Talent」で、名作ターンベースストラテジー『Sid Meier's Civilization IV』のテーマソング「Baba Yetu」が披露されました。

「America's Got Talent」はアメリカの有名リアリティ番組で、歌やダンス、その他様々なパフォーマンスを披露し、オーディションをおこなうというもの。日本でも、バラエティ番組内で幾度となく紹介されています。今回の映像は、最新となるシーズン13にて、アメリカ・ロサンゼルスの合唱団「Angel City Chorale」が「Baba Yetu」を披露したときのものです。

ビデオゲーム音楽としては史上初となるグラミー賞を受賞した名曲「Baba Yetu」を、壮大な混声合唱で歌い上げたこのパフォーマンスは、スタンディングオベーションをもって称賛されました。また、審査員からは、生放送となる準々決勝進出を無条件で決定する「ゴールデン・ブザー」が押され、会場は大興奮に包みこまれていました。

なお、「America's Got Talent」シーズン13準々決勝は、現地時間2018年8月14日に開催されます。
《TAKAJO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら