カプコン、ソーシャルゲームの最新作『Smurf Life』と『ちびまる子ちゃんとおかしの国』を配信決定 タイに子会社も設立 | GameBusiness.jp

カプコン、ソーシャルゲームの最新作『Smurf Life』と『ちびまる子ちゃんとおかしの国』を配信決定 タイに子会社も設立

その他 その他

株式会社カプコン  が、子会社であるビーライン・インタラクティブ, Inc.及び  株式会社ビーライン・インタラクティブ・ジャパン  より、スマートフォン・タブレット向けにソーシャルゲームアプリ『Smurf Life』(スマーフ・ライフ)と『ちびまる子ちゃんとおかしの国
  • 株式会社カプコン  が、子会社であるビーライン・インタラクティブ, Inc.及び  株式会社ビーライン・インタラクティブ・ジャパン  より、スマートフォン・タブレット向けにソーシャルゲームアプリ『Smurf Life』(スマーフ・ライフ)と『ちびまる子ちゃんとおかしの国
株式会社カプコンが、子会社であるビーライン・インタラクティブ, Inc.及び株式会社ビーライン・インタラクティブ・ジャパンより、スマートフォン・タブレット向けにソーシャルゲームアプリ『Smurf Life』(スマーフ・ライフ)と『ちびまる子ちゃんとおかしの国』の配信を決定したと発表した。

『スマーフ・ライフ』は、既に同社が提供している『スマーフ・ビレッジ』の世界観をもとに、ユーザー自身が創作したスマーフを操作してガーガメルの陰謀により壊された村を探検するアドベンチャーゲームで、2012年12月に全世界で配信予定だという。

また、日本で配信予定の『ちびまる子ちゃんとおかしの国』は、人気コミック/アニメ「ちびまる子ちゃん」を題材としたソーシャルゲームで、ユーザーはまる子とその仲間たちと一緒に材料を集めてお菓子を作り、お菓子の建物や国を発展させていく。

なお、ビーラインではアジア地域へ本格的な進出と開発リソース強化を図るためタイに開発会社「ビーライン・インタラクティブ・タイランド Co., Ltd.」を設立し、将来的には東南アジア向けソーシャルゲームの配信も視野に入れていくという。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら