ジンガ独自のプラットフォーム「Zynga.com」にサードパーティ製のタイトル続々と | GameBusiness.jp

ジンガ独自のプラットフォーム「Zynga.com」にサードパーティ製のタイトル続々と

その他 その他

大手ソーシャルゲームディベロッパーのジンガが、同社が独自に運営するソーシャルゲームプラットフォーム「Zynga.com」にて自社タイトル以外のパートナー企業(Zyngaパートナー)によるソーシャルゲームの配信を開始した。

「Zynga.com」は今年3月にオープンしたFacebook Connectを使ってログインできるジンガ独自のソーシャルゲームプラットフォームで、当初よりジンガ以外のサードパーティ製のソーシャルゲームの提供も行うとアナウンスしており、日本のコナミもパートナーに加わっている。

現在Zynga.comにて提供されているZyngaパートナーのタイトルは女性向けファッションゲーム『Fashion Designer』(提供:50 Cubes)、スポーツ賭博ゲーム『Sports Casino』(提供:RocketPlay)、ゴルフゲーム『Mini Putt Park』(提供:Majesco Entertainment)、アクションパズルゲーム『Rubber Tacos』(提供:Sava Transmedia)の4つ。

さらにZyngaは新たなディベロッパー(Antic Entertainment、Big Bite Games、 CrayonPixel、Eruptive Games、JamRT、The Method、Playnery、TikGames)とも提携を発表し、これでZyngaパートナーは24社になったという。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら