ソニーがStudio Liverpoolの閉鎖を発表、『WipEout』シリーズの英国老舗スタジオ | GameBusiness.jp

ソニーがStudio Liverpoolの閉鎖を発表、『WipEout』シリーズの英国老舗スタジオ

その他 その他

本日ソニーは、代表作『WipEout』シリーズなどで知られる英国の開発スタジオSCE Studio Liverpoolの閉鎖を発表しました。

SCE Studio Liverpoolは元Psygnosisの名で1980年代に設立された超老舗のスタジオで、AtariやAmigaの時代から数々の作品のパブリッシングを手がけた他、1993年にソニーに買収された以降は、『WipEout』、『Colony Wars』、『Formula One』といった象徴的なシリーズを生み出し、PlayStationブランド成長の一端を担ってきた存在と言えます。

SCE Worldwide Studiosの声明によると、リソースやプロジェクトの定期的な審査を行う中で、他のスタジオが現在取り組む新プロジェクトへの出資計画にフォーカスすることになったため、欧州圏スタジオ間でいくつかの転換が必要で、Studio Liverpoolの閉鎖を決断したとのこと。

尚、閉鎖されるStudio Liverpoolのチームが拠点にしていたリバプールの施設には、WWSEやSCEEの各部署も入っており、オフィス自体は今後も運営を続けていく模様です。

PS Vitaの最新作『WipEout 2048』を担当したSandy Lobban氏は「今日、Studio Liverpoolの一つの時代が終わった。その一部となれたことを誇りに思う」とツイートしています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら