PSVita、8月28日アップデート ― 初代PSソフト対応など大幅に機能追加 | GameBusiness.jp

PSVita、8月28日アップデート ― 初代PSソフト対応など大幅に機能追加

その他 その他

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、8月28日よりPlayStation Vitaのシステムソフトウェアを1.80にバージョンアップすると発表しました。
  • ソニー・コンピュータエンタテインメントは、8月28日よりPlayStation Vitaのシステムソフトウェアを1.80にバージョンアップすると発表しました。
  • ソニー・コンピュータエンタテインメントは、8月28日よりPlayStation Vitaのシステムソフトウェアを1.80にバージョンアップすると発表しました。
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、8月28日よりPlayStation Vitaのシステムソフトウェアを1.80にバージョンアップすると発表しました。

あわせて、年内にはPS3ユーザーのみに提供中だった定額制サービスPlayStation Plusも利用可能になります。

■今回のバージョンアップで追加される主な機能
・初代プレイステーション規格ソフトウェアに対応
・ホーム画面や「ビデオ」「ミュージック」「設定」などのアプリケーションの一部で本体ボタンでの操作に対応
・「ビデオ」で動画の可変速再生、早戻し/早送りおよびリピート再生に対応
・「ミュージック」で、PS3またはiTunesで作成したプレイリストの再生に対応
・「リモートプレイ」のLiveAreaに、PS Vitaを利用してPS3専用ソフトウェアの操作ができる「クロスコントローラー」機能のアイコンを追加、PS3との連携を強化

また、今後はPS3との連携を高める「cross platform feature」(クロスプラットフォーム機能)対応のタイトルも拡充していくということです。PS3、PS Vitaユーザーが機種にかかわらず、ゲームの対戦などが可能な機能、Cross-Play(クロスプレイ)に対応した、カプコンの『ストリートファイター X 鉄拳』や、PS3、PS Vitaのセーブデータを共有できるCross-Save(クロスセーブ)に対応した、ソニー・コンピュータエンタテインメントの『サウンドシェイプ』などのタイトルが発売予定となっています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら