マーベラスAQL第1四半期連結決算 ― オンライン・コンシューマゲームともに好調 | GameBusiness.jp

マーベラスAQL第1四半期連結決算 ― オンライン・コンシューマゲームともに好調

その他 その他

マーベラスAQLは、平成25年3月期第1四半期決算を本日発表しました。

発表によると、売上高は30億1600万円で、営業利益2億7800万円、経常利益2億5900万円、四半期純利益1億4900万円になりました。

オンライン事業においては、『ブラウザ三国志』『ブラウザプロ野球』『剣と魔法のログレス』などの既存タイトルが好調で収益をあげ、売上高は15億6500百万円、セグメント利益は3億500万円となっています。

またコンシューマ事業においては自社開発で、PS Vitaソフト『アサルトガンナーズ』の発売や、前期に発売したニンテンドー3DSソフト『牧場物語 はじまりの大地』が売上に貢献しました。また、PS Vitaソフト『SOUL SACRIFICE』の受託開発や、アミューズメント部門の『ポケモンバトリオ』も計画通りに販売。その結果、売上高は6億5800万円、セグメント利益は1100万円となりました。

今後については、コンシューマ事業ではニンテンドー3DSソフト『ルーンファクトリー4』の初回出荷本数が計画を上回ったことや、同じくニンテンドー3DSソフト『閃乱ガクラBurst -紅蓮の少女達-』の予約が計画を大きく上回っていることなどをうけ、売上・利益ともに上昇を見込んでいます。一方、オンライン事業では、新規タイトルのリリース遅延等で売上は減少の見込みですが、既存タイトルが好調ということで、利益面では減少が少ない見込みです。

第2四半期の業績については当初予想より上方修正されましたが、通期の見通しについては当初の予想を据え置いています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら