THQ、『Devil's Third』全権利をヴァルハラゲームスタジオへ譲渡 | GameBusiness.jp

THQ、『Devil's Third』全権利をヴァルハラゲームスタジオへ譲渡

その他 その他

ヴァルハラゲームスタジオは、『Devil's Third』の著作権および販売権を取得したことを明らかにしました。
  • ヴァルハラゲームスタジオは、『Devil's Third』の著作権および販売権を取得したことを明らかにしました。
ヴァルハラゲームスタジオは、『Devil's Third』の著作権および販売権を取得したことを明らかにしました。

『Devil's Third』は、当初THQがパブリッシャーを担当し、開発が進められていましたが、THQによるパブリッシング断念の報道が5月に発表され、その後の展開が危ぶまれていたタイトルです。

今回の発表で、『Devil's Third』に関する著作権と販売権を含むすべての権利をヴァルハラゲームスタジオが取得したことが明らかになりました。

今後ヴァルハラゲームスタジオは、『Devil's Third』を家庭用・PC用ゲームはもちろん、あらゆるデジタルデバイスへと大きく発展させていく予定とのこと。また、漫画・ノベル・アニメーション・映画などのエンターテインメント産業と連携し、一大フランチャイズを展開する計画もあるようです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら