Angry Birds、「LIMA国際ライセンス大賞」で3冠受賞 | GameBusiness.jp

Angry Birds、「LIMA国際ライセンス大賞」で3冠受賞

その他 その他

Rovio Entertainmentの人気ゲームアプリ「Angry Birds」が、ライセンス業界の国際的アワード「LIMA国際ライセンス大賞」(INTERNATIONAL LICENSING EXCELLENCE AWARDS)にて最優秀プロパティなど3冠受賞を達成した。

「LIMA国際ライセンス大賞」は世界最大のライセンス業界団体のLIMA (International Licensing Industry Merchandisers ‘ Association:国際ライセ ンシング産業マーチャンダイザーズ協会)が1984年より毎年主催しているアワード。その年に国際的に活躍したキャラクター、ブランド、スポーツ、アートなどのライセンサー、ライセンスエージェント、ライセンシーを表彰するアワードで、16部門の賞が設けられている。

「Angry Birds」はキャラクター/トイブランド部門で最優秀プロパティ賞と最優秀ハードグッズライセンシー賞を、さらにノミネート全体からトップ賞として最優秀プロパティを受賞した。現在米ラスベガスで開催されている世界最大のライセンスビジネスショー「LICENSING INTERNATIONAL EXPO」にて授賞式及びレセプションが行われる。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら