ソニー、次世代機でディスクドライブの廃止を検討するも中止・・・AMDのCPU/GPUを搭載か | GameBusiness.jp

ソニー、次世代機でディスクドライブの廃止を検討するも中止・・・AMDのCPU/GPUを搭載か

その他 その他

ソニーはディスクドライブを廃止しダウンロード専用とした据置型ゲーム機を検討したものの、採用には至らなかったとウォール・ストリート・ジャーナルが近い関係者からの話として伝えました。

ゲームの提供手段としてのダウンロードは今後益々重要性を増すものと考えられますが、その一方で世界的にはインターネットが十分に整備されていない地域があることや、ハードの性能が向上することでゲームのサイズも大きくなり、ダウンロードを容易に行えない場合も出てくるという事が懸念されたようです。

同紙によれば、Xboxの次世代機もディスクドライブを搭載する従来通りの形をとります。Wii Uもディスクドライブが搭載されますが、任天堂はパッケージとダウンロードの両方での提供をハード発売時から行う方針を明らかにしています。PSVitaもパッケージとダウンロードが同時に登場するケースが多くなっていて、当面はハイブリッドでの提供がスタンダードになりそうです。

ちなみにウォール・ストリート・ジャーナルはPS4の発売は2013年としています。これまでの東芝とIBMとの共同開発のCellとNvidiaのGPUという組み合わせではなく、最新のプロトタイプにはAMDのCPU/GPUが搭載されているようです。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら