Starbreezeが『Payday: The Heist』のOverkill Softwareを買収、続編の開発も計画 | GameBusiness.jp

Starbreezeが『Payday: The Heist』のOverkill Softwareを買収、続編の開発も計画

その他 その他

『The Darkness』や2012年版『Syndicate』を手がけた事で知られるStarbreeze StudiosがスウェーデンのデベロッパーOverkill Softwareを買収する意向を発表しました。現在は株主の承認を待っている状態ですが、Overkillの公式ロゴには既にStarbreezeの影響が現れています
  • 『The Darkness』や2012年版『Syndicate』を手がけた事で知られるStarbreeze StudiosがスウェーデンのデベロッパーOverkill Softwareを買収する意向を発表しました。現在は株主の承認を待っている状態ですが、Overkillの公式ロゴには既にStarbreezeの影響が現れています
『The Darkness』や2012年版『Syndicate』を手がけた事で知られるStarbreeze StudiosがスウェーデンのデベロッパーOverkill Softwareを買収する意向を発表しました。現在は株主の承認を待っている状態ですが、Overkillの公式ロゴには既にStarbreezeの影響が現れています。

またStarbreezeのボスであるMikael Nermark氏は、Overkillが開発したクライムCo-op FPS『Payday: The Heist』の続編が計画されている事も明らかにし、次のように語っています。

「Overkillは『Payday』の経験を強化し、続編に向けて成長させ続けるでしょう。私達は彼らが創りあげた素晴らしい作品を変えようとはせず、クリエイティブな自由を与えるつもりです」

Starbreezeは現在3つの新作ゲームを開発中。1つ目はスウェーデンの映画監督Josef Fares氏との共作『P13』、2つ目はFree-to-Play風の『Cold Mercury』、最後の1つはシークレットプロジェクトという事で詳細は不明です。

ちなみにNermark氏『Syndicate』の続編も開発したいと伝えていますが、今のところその計画は立てられていないようです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら