「THQは半年後存在していない」・・・テイクツーのCEOがTHQの開発戦略を痛烈批判 | GameBusiness.jp

「THQは半年後存在していない」・・・テイクツーのCEOがTHQの開発戦略を痛烈批判

その他 その他

2月には大規模なレイオフやCEOの年俸カットなどが報じられ財政難であることが色濃くなったTHQですが、同社のゲーム開発方針に対する厳しい意見を、低屈ー・インタラクティブのCEOであるStrauss Zelnick氏がMIT Business in Gamingのカンファレンスにて述べています。

Zelnick氏は、THQの戦略はUFCやWWE、或いは映画といったライセンス資産に頼るものだったとし、対してテイクツーは100パーセント自社の知的財産によるアプローチを行なってきたとコメント。ライセンス資産に頼るゲーム開発は例え成功したとしても、数年毎に再契約が必要となるほか、ブランドが成長していきライセンス使用料が増えると、開発側の取り分が減ることになると指摘しました。

また同氏は、THQはここ数年テイクツーのように自社の知的財産を押し出す戦略を取っているがそう簡単にはいかないとし、以下のようにも発言しています。

「最も重要な違いはクオリティです。Metacriticや多くの業界人によれば、テイクツーはサードパーティパブリッシャーの間で最も高いクオリティ評価を得ています。クオリティは真に重要です。THQには幾つか良いゲームがありますが、クオリティレベルは全く……十分ではありませんね」

「戦略は上手く機能せず実際の制作も悪い。言いかえれば、料理がマズい上に出された量も少ないようなものです。THQは半年後には存在していないでしょう」


また上記のコメントに対し、THQ側も以下のような強い不快感を露わにした公式声明を発表しています。

「明白なことですが、THQに対するZelnick氏の感覚は時代遅れかつ不正確なものです。同氏のコメントは無責任かつ不誠実なものです。恐らく彼は自身のビジネスについてコメントした方が良いでしょう」

(1) , Joystiq(2))

【関連記事】

THQが新作発売スケジュールを公開 『Devil's Third』『Metro: Last Light』他

THQが240名規模のレイオフを実施、CEOの年俸も半額に

『Saints Row: The Third』が出荷数380万本突破、THQの今後の開発方針も表明

Take-Two: 『Agent』と『Max Payne 3』は現在も開発中

『L.A. Noire』続編の開発には意欲的−Take Two

噂: 『Grand Theft Auto V』の新たなキャラクター情報がリーク
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら