テイク2インタラクティブ、第3四半期は盛り返すも主力タイトルなく苦戦 | GameBusiness.jp

テイク2インタラクティブ、第3四半期は盛り返すも主力タイトルなく苦戦

その他 その他

「Rockstar Games」および「2K」のブランドを展開するテイク2インタラクティブが発表した2012年3月期 第3四半期(10〜12月)の業績は売上高2億3630万ドル(△30%)、営業利益2024万ドル(△41%)、純利益1410万ドル(△66%)でした。また、累計(4〜12月)では売上高6億7773万ドル(△30%)、営業損失2億8847万ドル、純損失4億1980万ドルとなり赤字転落となりました。

第3四半期は『NBA 2K12』があった他は主力タイトルがなく、過去のGTAシリーズや『Red Dead Redemption』『Borderlands』『Midnight Club Los Angeles』など旧作の販売や『L.A.Noire』の継続的な販売が支えました。来期は『Borderlands II』や『Bioshock』など期待の新作があり、業績は回復に向かうと思われます。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら