クラウドゲーミングのOnLiveがGoogle TVに標準搭載に・・・全てのデバイスに | GameBusiness.jp

クラウドゲーミングのOnLiveがGoogle TVに標準搭載に・・・全てのデバイスに

デバイスやその性能を問わず、ストリーミングでゲームを実現するクラウドゲーミングの先駆け、米OnLive社の「OnLive」がグーグルのGoogle TVの標準機能として搭載されることが決定し、両社から発表がありました。全メーカー製の全てのGoogle TVで利用できるようになると

その他 その他
デバイスやその性能を問わず、ストリーミングでゲームを実現するクラウドゲーミングの先駆け、米OnLive社の「OnLive」がグーグルのGoogle TVの標準機能として搭載されることが決定し、両社から発表がありました。全メーカー製の全てのGoogle TVで利用できるようになるとのこと。

「OnLive」には家庭用ゲーム機でもリリースされている多くのタイトルを含む約200タイトルが提供されていて、ゲームのダウンロードやインストールの手間なくオンデマンドですぐに遊ぶことが出来ます。専用のUSBコントローラーを用いることでゲーム専用機と変わらないプレイが楽しめます。ソーシャル要素や映像配信サービスも用意されています。

OnLive CEOのSteve Perlman氏は「OnLiveがGoogle TVに統合されることにより、ビデオゲームは大きく前進することになるでしょう。人々は既に音楽、映画、動画といったコンテンツを思い立ったらすぐに楽しめる環境を手に入れました。OnLiveによって米国や(すぐに)英国のユーザーはゲームも同様にテレビを付けたらすぐに楽しめるようになるのです。ディスクを買ったり、ダウンロードせずに」とコメントしています。

OnLiveはGoogle TVを搭載した、テレビ、ブルーレイプレイヤー、メディアストリーマーなどに登場し、これから発売されるもの、現行機種でもアップデートで利用可能になるとのこと。

競合にはGaikaiや日本ではNHN Japanの運営するG CLOUDなどがありますが、Google TVへの標準搭載で競争面では大きく優位に立つことになりそうです。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら