Foxconnの製造工場で集団自殺未遂騒ぎ、MSから声明も | GameBusiness.jp

Foxconnの製造工場で集団自殺未遂騒ぎ、MSから声明も

その他 その他

1月2日、中国湖北省の武漢市にあるXbox 360本体の生産ラインなどがあったFoxconnの製造工場で、賃金を巡り従業員が大規模なストライキを起こしていたことが分かりました。

WantChinaTimesなどが報じるところによれば、同工場の従業員がFoxconnに賃金の値上げを要求したところ、補償金を受け取って退職するか、追加の支払いなしにすぐに持ち場に戻って作業を続けるかの選択肢を与えれ、大部分の従業員は前者を選択。

ところが、Foxconn側が補償金の契約を破棄して約束の金額が支払われなかったため、300名余りの従業員が工業団地の屋上に立てこもり、集団飛び降り自殺を行うと迫る騒ぎに発展したそうです。

その後、武漢市の市長が駆けつけるなどして元従業員らを説得、1月3日の午後9時にはストライキが収まったとのこと。

Record Chinaの別の報道によると、事件の発端はXbox 360本体の生産終了に伴う配置転換だったとも言われていますが、事実関係は不明。

この事件に関してマイクロソフト広報からは声明が発表。「自社製品を生産する工場内の労働環境を非常に深刻に受け止めており、現在問題の調査を進めている最中」「厳密な行動規範に乗っ取って労働環境を継続的に注意深く監視し、取引先製造メーカーが雇った従業員の公平な待遇や安全が確保されるよう熱心に取り組む」などと伝えています。

Foxconnの工場ではマイクロソフトの他にもソニー、任天堂、Appleといった大手メーカーの製品が生産されており、2010年には長時間労働や差別を要因に14名の従業員自殺者が出ているということです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら