『マリオカート7』発売効果でニンテンドー3DSが週販20万台を超える ― メディアクリエイト調べ | GameBusiness.jp

『マリオカート7』発売効果でニンテンドー3DSが週販20万台を超える ― メディアクリエイト調べ

その他 その他

メディアクリエイトによると、『マリオカート7』が発売された先週ニンテンドー3DS本体の販売台数が20万台を超えたとのこと。

先日お伝えしたように、『マリオカート7』はニンテンドー3DS発売以来最大の初動となる42万3619本を販売。これに伴い、ニンテンドー3DS本体もかなりの台数が動き、1週間で20万5962台売れたと報告しています。前週から8.5万台の増加となっており、ソフトと一緒に買う人がかなり多かったことが伺えます。

また、メディアクリエイトの認知度調査によれば、11月に発売された『スーパーマリオ3Dランド』と比較して、認知度・関心度・購入意向度は全て高くなっており、さらに購入意向度は小・中学生男子が大幅な増加となったようです。

つまり『マリオカート7』は『スーパーマリオ3Dランド』よりも低年齢層のユーザーを取り込んでいると言えるでしょう。

本日はいよいよ『モンスターハンター3(トライ) G』が発売され、こちらは『マリオカート7』より年齢層がやや高くなりそう。本体と一緒に買う人も多いと予想され、来週の週間販売台数もかなり期待されるのではないでしょうか。
《古谷正人》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら