ゲーム業界でも注目されるインドネシア、現地理解の手法をセミナーでご紹介します | GameBusiness.jp

ゲーム業界でも注目されるインドネシア、現地理解の手法をセミナーでご紹介します

その他 その他

GameBusiness.jpを運営する株式会社イードでは、イードマーケティングセミナー2011「新興国におけるユーザー理解 〜インドネシアの女子大学生を例に〜」を12月7日、新橋の301 SHINBASHI Museumにて開催します。

国内市場の低迷、新興国の成長により海外展開の重要性は今まで以上に大きくなっていますが、地域に根ざした成功を収めるためには現地への深い理解が必要不可欠です。今回のセミナーでは新興国の中でも特に注目度が上がっているインドネシア市場をターゲットに、なかでも将来の消費の中心となるであろう女子大生のライフスタイルや消費活動に密着し、新興国におけるユーザー理解の一端を紹介します。

フェイスブックの普及率が高いことから、ゲーム業界でも熱い注目を集めているインドネシア。参入を考えてらっしゃる方も多いかと思いますが、その一助となるのではないでしょうか。

参加は無料で、以下のURLから事前のお申し込みをお願いします。


◆新興国におけるユーザー理解〜インドネシアの女子大学生を例に
日時:2011年12月7日(水) 14:00〜17:00(その後、情報交換会)
受付時間:13:30〜(開場)
参加費:無料
定員:120名(定員になり次第、締め切り)
申込方法:Web上のフォームより事前申し込みが必要
場所:301 SHINBASHI Museum
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら