次世代ゲーム機、「ソニーはマイクロソフトに先行を許さない」アナリスト語る | GameBusiness.jp

次世代ゲーム機、「ソニーはマイクロソフトに先行を許さない」アナリスト語る

業界紙のDevelopが昨日付で、ソニーやマイクロソフトが次世代ゲーム機を2013年もしくは2014年にも立ち上げると報じた件で、投資会社Robert W. BairdのアナリストColin Sebastian氏は「ソニーはマイクロソフトに先行を許さない」とコメントしています。

その他 その他
業界紙のDevelopが昨日付で、ソニーやマイクロソフトが次世代ゲーム機を2013年もしくは2014年にも立ち上げると報じた件で、投資会社Robert W. BairdのアナリストColin Sebastian氏は「ソニーはマイクロソフトに先行を許さない」とコメントしています。

現行世代ではマイクロソフトのXbox360が2005年12月、ソニーのプレイステーション3が2006年11月(いずれも日本国内)の発売であり、マイクロソフトは約1年間のリードがあったことになります。このリードにより依然としてXbox360がPS3をリードしている地域もあり、次に同様のミスを犯すことはないという主張です。

「私の見立ててでは、両社とも2013年を狙ってくるでしょう。我々はソニーは早ければ2013年にもプレイステーション4を投入すると考えています。最もあり得るシナリオは2014年ですが。また、両社とも現行世代に対する投資はまだまだ必要です」

ゲーム機の発売時期はライバルよりも早い事に越した事はありません。しかし、どれだけのタイトルを準備できるかも非常に重要な要素です。現行世代のハイエンド、いわゆるトリプルエーと呼ばれるようなタイトルであれば2〜3年の開発期間は一般的です。そう考えれば、今から3年後というのは遠くない未来です。ちなみに任天堂はWiiの後継機を2012年中にリリース予定です。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら