カプコン、Android向けのソーシャルゲーム配信開始・・・まずは『スマーフ・ビレッジ』 | GameBusiness.jp

カプコン、Android向けのソーシャルゲーム配信開始・・・まずは『スマーフ・ビレッジ』

その他 その他

カプコンは、子会社のビーライン・インタラクティブを通じてAndroid向けのソーシャルゲームの提供を初めて開始したと発表しました。
  • カプコンは、子会社のビーライン・インタラクティブを通じてAndroid向けのソーシャルゲームの提供を初めて開始したと発表しました。
  • カプコンは、子会社のビーライン・インタラクティブを通じてAndroid向けのソーシャルゲームの提供を初めて開始したと発表しました。
  • カプコンは、子会社のビーライン・インタラクティブを通じてAndroid向けのソーシャルゲームの提供を初めて開始したと発表しました。
  • カプコンは、子会社のビーライン・インタラクティブを通じてAndroid向けのソーシャルゲームの提供を初めて開始したと発表しました。
  • カプコンは、子会社のビーライン・インタラクティブを通じてAndroid向けのソーシャルゲームの提供を初めて開始したと発表しました。
カプコンは、子会社のビーライン・インタラクティブを通じてAndroid向けのソーシャルゲームの提供を初めて開始したと発表しました。

28日からiOSでも1500万ダウンロード以上を記録し、AppStoreの売上高ランキングでも69カ国で第1位を獲得した『スマーフ・ビレッジ』を配信開始。本作はベルギーの歴史あるコミックから誕生した小さな妖精「スマーフ」が主人公となり、畑を耕したり、家を建てたり、自分好みの村を発展させていくソーシャルゲームです。

カプコンではセカンドブランドとして「ビーライン」を設立し、スマートフォン向けのソーシャルゲームに注力していて、既にiOSではこの『スマーフ・ビレッジ』のほか、『ゾンビカフェ』『ドリームパーク』などを成功させています。これをAndroidにも広げていきたい考えです。

※画像はiOS版のもの
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら