頓智ドット、ARを使ったプロモーション向けソリューション「Sekai Camera OpenVision Solution」を提供 | GameBusiness.jp

頓智ドット、ARを使ったプロモーション向けソリューション「Sekai Camera OpenVision Solution」を提供

その他 その他

頓智ドット株式会社が、フランスの大手AR(Augmented Reality:拡張現実)企業Total Immersion S.A.の画像認識エンジン「D’fusion」を採用し、画像認識型ARアプリを制作・運営するプロモーション向けソリューション「Sekai Camera OpenVision Solution」の提供を開始する。今後同ソリューションを活用した企業/自治体のARアプリを順次公開していくとのこと。

「Sekai Camera OpenVision Solution」の画像認識エンジンに採用される「D’fusion」は、二次元バーコードなどの専用マーカーを介さず直接画像を認識できるマーカーレストラッキングを可能にしており、パートナーはアプリケーションの認識対象として従来の白黒のマーカーを用意する必要なく、ポスターや看板・チラシといった既存の資産を流用することができる。

現在提供が決定しているパートナーとARアプリは以下のとおり。まずAndroid Marketに先に公開されるが、後にiOSアプリとしても順次提供される予定。

■サンリオピューロランド(株式会社サンリオエンターテインメント)
・アプリ名:展示会用デモアプリ(9月12日公開)
・アプリ名:サンリオピューロランドARカメラ by セカイカメラ(10月上旬公開予定)

■ひだっちプロジェクト(岐阜県 飛騨高山)
・アプリ名:ひだっちショット by セカイカメラ(9月12日公開)

■株式会社タカラトミー
・アプリ名:カルフ・ウォッチャー by セカイカメラ(9月24日公開予定)

■佐賀市
・アプリ名:佐賀市AR博物館 by セカイカメラ(10月上旬公開予定)

■株式会社北海道日本ハムファイターズ/KDDI株式会社
・アプリ名:未定
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら