スマホ向け拡張現実アプリ「セカイカメラ」、2014年1月22日に全サービスを終了 | GameBusiness.jp

スマホ向け拡張現実アプリ「セカイカメラ」、2014年1月22日に全サービスを終了

その他 その他

頓智ドットは、「セカイカメラ」のサービスを終了すると発表しました。
  • 頓智ドットは、「セカイカメラ」のサービスを終了すると発表しました。
頓智ドットは、「セカイカメラ」のサービスを終了すると発表しました。

「セカイカメラ」は、iPhoneやAndroidに内蔵されているカメラを用い、映し出された場所などに対して「エアタグ」と呼ばれる情報を付加・表示させることができるサービスで、ユーザーの手で情報を増やし、共有できるのが特徴です。

その利便性やシステムとしてのユニークさから、「セカイカメラ」に関心を寄せているユーザーは多く、スマートフォンという形態が生み出した新たな可能性を感じさせてくれましたが、誠に残念ながらこのたび本サービスの終了が発表されました。

サービス終了日は、2014年の1月22日。この日をもって、全てのサービスが終了することとなります。なお、過去に投稿した自身のエアタグのデータについては、「地理情報システムの標準データ形式であるKML形式でエクスポートしていただくことが可能です。エクスポートしたKMLファイルは、KML形式をサポートしているGoogle Earthで表示ができます」とのことです。KML形式でエクスポートするには、下記のサイトをご覧ください。

■Sekai Camera
http://sekaicamera.com/the_end_of_sekai

※こちらのページはPCのみ対応しております。
※スマートフォンからデータをエクスポートできませんので、ご注意下さい。

なお同社は、「今後、セカイカメラの進化版となる「tab」に注力して参ります」とも述べています。「セカイカメラ」の終了は寂しい限りですが、後に続く「tab」の新たなる発展と展開に期待しましょう。

(C) 2012 Tonchidot Corporation. All Rights Reserved.
《臥待弦》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら