『Mafia 2』や『Top Spin 4』を開発した2K Czechスタジオで40人規模のレイオフ | GameBusiness.jp

『Mafia 2』や『Top Spin 4』を開発した2K Czechスタジオで40人規模のレイオフ

その他 その他

Developは、2K Gamesの開発スタジオ2K Czechで40人規模のレイオフがあったと報じています。

2K Czechは『Mafia 2』や『Top Spin 4』などのトリプルA級タイトルを開発していたヨーロッパのスタジオで、報道によればブルノを拠点としていたチームで約40人、プラハを拠点としていたチームでも10人以下のレイオフが行われたそうです。

今回のレイオフに対し、2K Czechは書面上で「開発プロセスを合理化し、コストを下げ、スタジオのパフォーマンスを最大にする為に再編成を行った」と説明。「難しい決定ではあったが、長期的に見ればスタジオの利益になると信じている」とコメントしています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら