ユービーアイソフトがオンラインパス「Uplay Passport」を正式発表、独占コンテンツも提供 | GameBusiness.jp

ユービーアイソフトがオンラインパス「Uplay Passport」を正式発表、独占コンテンツも提供

その他 その他

先日報道のあったユービーアイソフトのオンラインパス「Uplay Passport」が正式発表されています。

「Uplay Passport」は、新品の製品に同梱される一回限りのコードで、使用することでオンラインモードへの完全なアクセスが可能になります。中古ゲームなどすでにコード使用済みの場合、オンラインへのアクセスに10ドルが必要。さらに「Uplay Passport」だけの“独占”追加コンテンツも提供される予定です。

既報の通り、北米では8月30日発売の『Driver: San Francisco』から導入されます。タイトルは明示されていませんが、今後もメインの新作には同梱される予定。ちなみにUplayは、ユービーアイソフトのオンラインサービスで、現在はまだベータ版として稼働しています。

THQ、ワーナーブロス、エレクトロニック・アーツ、コードマスターズ、ソニーの「PSN Pass」、そして今回の「Uplay Passport」と、オンラインパスは大手メーカーで続々と採用されており、今後さらなる広がりを見せていくことも予想されます。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら