UEI、HTML5/JavaScriptのゲームエンジン「enchant.js」を提供開始・・・スマートフォンのブラウザゲームの開発簡素化 | GameBusiness.jp

UEI、HTML5/JavaScriptのゲームエンジン「enchant.js」を提供開始・・・スマートフォンのブラウザゲームの開発簡素化

その他 その他

ユビキタスエンターテインメント(UEI)は、スマートフォンのブラウザ上で動作するHTML5/JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」のβ版を公開しました。無料で提供されます。
  • ユビキタスエンターテインメント(UEI)は、スマートフォンのブラウザ上で動作するHTML5/JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」のβ版を公開しました。無料で提供されます。
  • ユビキタスエンターテインメント(UEI)は、スマートフォンのブラウザ上で動作するHTML5/JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」のβ版を公開しました。無料で提供されます。
  • ユビキタスエンターテインメント(UEI)は、スマートフォンのブラウザ上で動作するHTML5/JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」のβ版を公開しました。無料で提供されます。
ユビキタスエンターテインメント(UEI)は、スマートフォンのブラウザ上で動作するHTML5/JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」のβ版を公開しました。無料で提供されます。

「enchant.js」を利用することで、高度なスクロールマップや当たり判定、仮想的なパッドなどを用いたJavaScriptによるゲームプログラミングが誰にでも可能になります。また、同社が過去に開発したゲームで用いた全ての画像素材をユーザー向けに開放するとのこと。さらに全国主要都市で無料セミナー「9leapGame Programming Camp」を実施し普及を図ります。

UEIでは今後、「enchant.js」をベースに専用のマップエディタやプラグインの開発などを継続する予定。技術ブログ「wise9.jp」では解説記事を掲載していくとのこと。

ライセンスはMITライセンスとGPLライセンスを選んで使用が可能。法人向けには有償ライセンス販売と有償サポートの提供も予定しているとのこと。

■提供機能概要
・アバターシステム
 ゲームで使用する高度なアニメーションのついたアバターを自由に利用可能
・スプライト管理ライブラリ
 当たり判定を含むスプライト機能を提供
・スクロールマップ管理ライブラリ
 複雑なスクロールマップを高速に処理するライブラリ
・バーチャルパッド管理ライブラリ
 ゲーム開発に欠かせないVPADを実装
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら